HOME>ホットトピックス>自治体で実施されている補助を受けてお得に利用しよう

太陽光発電で貯めた電気を活用

給湯器

群馬県における新築及びリフォームをする際に、自宅への設置数として増えているのが蓄電地です。蓄電地は自宅に設置した太陽光発電システムで作った電気を、内部に蓄積して自宅に配給するための機器になります。太陽光発電で作った電機は、自宅に張り巡らされている電圧に対応していないのでそのままでは使えないです。そこで蓄電池にためることによって、家庭用配電に対応させることで利用可能にする機能があるのです。

緊急時に予備電源として使える

男女

群馬県において蓄電地の利用数が増えている理由として、この危機を持っておくことで緊急時の予備電源として使えるためです。災害時に一番困ることが電気がストップすることであり、その状態になると自宅の設備の多くが使い物にならなくなります。そこで蓄電地を設置しておくことで、日中に充電をしておけば災害時に電気が止まっても使うことができるのです。

補助を受けることができる

給湯器

省エネそして災害時にとても役に立つ蓄電地ですが、設置する際に群馬県の各自治体から補助を受けることができます。国の経済対策と環境保護の取り組みをするために、自宅に環境に良い設備を導入した場合には国から自治体に対してエコポイントという形で受け取ることができるのです。

補助を受けるために

ソーラーパネル

群馬県で蓄電地の補助金を受けるためには、事前に申請する必要があります。申請をするためには工事をする前に、建設業者に連絡を入れて申請を出してもらうか自分で申請をする必要があります。設置後は写真を撮って配布することで、現金還元もしくは金券という形で受け取ることができます。